医院紹介

医師紹介

院長

奥野 芳茂(おくの・よししげ)

略歴
1963年 大阪生まれ
1981年 六甲学院高等学校 卒業
1988年 京都大学医学部 卒業
1999年 京都大学医学博士 取得
経歴
  • 京都市立病院放射線科
  • 京都桂病院放射線科医長
  • 京都大学大学院医学研究科放射線医学講座腫瘍放射線科学領域助手
  • 天理よろづ相談所病院放射線部医員
  • 神戸市立医療センター中央市民病院画像診断・放射線治療科医長
  • 芦屋放射線治療クリニックのぞみにて放射線治療担当
所属学会・資格等

ご挨拶

がん患者様・ご家族と主治医とを繋げる場所でありたい

当クリニックのHPをご覧頂き、誠にありがとうございます。奥野クリニック院長の奥野芳茂(おくの・よししげ)です。2010年10月にここ神戸・六甲道で当クリニックを開設するまで、私は放射線治療専門医として20年以上、がん治療の専門病院などでがん患者様の治療に携わっておりました。放射線治療は、外科、内科、婦人科などのドクターから依頼を受けて治療を行うことが多いのですが、その際に患者様から「主治医の先生が忙しくて話を聞いてくれない」というご不満をお聞きすることがありました。
また、患者様のご家族からも同様のご不満を耳にすることもありました。
こうした主治医とのコミュニケーション不足は、がん患者様やそのご家族に様々な不安などを与えている可能性があります。誰かが一言、「大丈夫ですよ」「主治医の先生の治療は上手くいっていますよ」「治療の結果、良い方向に向かっていますよ」と患者様にきちんと伝えるだけで、その方は不安なく過ごせたり、今よりもっと楽な生き方ができたりするのではないでしょうか。私は決してドクターたちを非難しているわけではありません。私もかつてはがん治療の専門病院などで治療に携わっていたからわかるのですが、ドクターたちには患者様と十分なコミュニケーションをとったり、検査結果などをより詳しく説明したりする時間があまりないのです。だからこそ、誰かがその「役割」を担わなければいけないと思い、当クリニックを開設するに至たりました。
がん治療の専門病院などでは十分に対応しきれないことを、当クリニックが担うことで、患者様やそのご家族、主治医など、全員が良い関係を築けるのではないかと思っています。
そういう意味では、当クリニックは患者様からだけでなく、がん治療の専門病院などのドクターたちからも選ばれるクリニックでありたいと考えています。患者様と主治医の良好な関係は、そのまま良い治療結果にも繋がるものと思います。
患者様の現状を、医学的情報に基づいて正しくお伝えして、がん患者様・ご家族と主治医とを繋げる場所として機能すること、それが当クリニックの重要なミッションの1つであると考えています。

がんになった意味を一緒に考えて、「新しい自分」になるお手伝いをします

がん患者様へのサポートは、「ただ悩みを聞く」というものではありません。
がんは患者様の人生を大きく変えますが、それは必ずしも悪い方向に変わるとは限らず、良い方向に変わる可能性もあります。こうした理念のもと、当クリニックでは患者様と一緒にがんになった意味を考えて、それを契機に「新しい自分」になるお手伝いをさせて頂きたいと思っています。
がんというのは、その患者様への「変わりなさい」いうメッセージであるという風にも捉えることができるのではないでしょうか。
そのメッセージをどう受けとめて、どう変わるかは、患者様によって様々です。がんにかかったことを契機に、その人なりの治療、その人なりの心の持ちようで、良い方向に進んでいければいいと思っています。当クリニックには早期がんの方や進行がんの方、がん治療中の方や治療を終えられた方など、様々な段階におられる患者様がお越しになりますが、それぞれの段階に応じて、良い方向に進んでいけるお手伝いをさせて頂きます。

平日の午前は「芦屋放射線治療クリニックのぞみ」にて放射線治療・がん相談外来を担当しています

2013年4月の開院以来、私は「芦屋放射線治療クリニックのぞみ」にて非常勤で放射線治療を担当して参りました。
「芦屋放射線治療クリニックのぞみ」は、放射線治療を中心に心身両面にアプローチする診療内容はもちろんのこと、外観、内観、接遇にもこだわり、他に類をみないレベルで「癒し」というものを意識したクリニックです。
当クリニックとコンセプトが共通する部分も多く、それを何倍もの大きな規模で実現した施設で、そこで診療できるのは大きな喜びです。

私がそこで診療を行うことで、奥野クリニックのがん患者様に対するサポート内容を拡充させることが可能ですし、「芦屋放射線治療クリニックのぞみ」のコンセプトをより良い形で現実化するお手伝いができていると自負しております。
こうして「芦屋放射線治療クリニックのぞみ」で診療を続けていくうちに、だんだん私は自分がやるべきミッションを強く意識するようになり、そのミッションを達成するためには、奥野クリニックと「芦屋放射線治療クリニックのぞみ」とのさらなる連携が必要であると考えました。
奥野クリニックのみで診療を続けていても、できることは限られてしまいますが、がん患者様が集まる「芦屋放射線治療クリニックのぞみ」へこちらから足を運ぶことで、より多くの方に必要なサポートを提供することができると思い、平日の午前(8:00~16:00)は「芦屋放射線治療クリニックのぞみ」にて放射線治療・がん相談外来を担当させて頂いております。

クリニックの特徴

院長は放射線治療専門医として25年以上のキャリアがあります

当クリニックの院長は、これまで5,000人以上のがん患者様の治療に携わるなど、放射線治療専門医として25年以上のキャリアがあります。

その豊富な放射線治療の経験・実績を通じて、緩和ケアに関する知識・経験も深めました。放射線治療専門医の強みは脳神経、頭頸部、呼吸器、消化器、婦人科、腎・泌尿器、前立腺、骨・筋肉・軟部組織、皮膚など全身の腫瘍をあつかっていることです。

その関係で各内科、腹部外科、乳腺外科、脳神経外科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、婦人科、整形外科、皮膚科など各科のドクターたちと繋がりがあります。さらに神戸市立医療センター中央市民病院在職中に得られた、緩和ケア関連のネットワークもありますので、地域に根ざした包括的なサービスを提供することができます。

 

3大がん療法だけでなく、それ以外の方法も提案します

当クリニックの特徴の1つに、「引き出しの多さ」が挙げられます。院長は放射線治療専門医として25年以上のキャリアを持ちますが、「外科(手術)療法」「化学(薬物)療法」「放射線療法」などの西洋医学による3大療法方法以外にも、患者様のご希望をよくおうかがいした上で、「漢方療法」「呼吸法」「瞑想法」「氣功法」「食事療法」「エネルギー療法(Total WellNES System)」「サイモントン療法」など、その方に最適な療養・養生法を提案することができます。

「がんと闘わないライフスタイル」を提案します

奥野クリニックでは、がん患者様に「がんと闘わないライフスタイル」を提案しています。「がんと闘わないライフスタイル」といっても、がんを無視しろと言っているわけではありません。これまで、がんの苦しみや恐怖などから逃れることばかりに費やしていた時間やエネルギーを、もっと別のこと、例えば「健康、幸せ、豊かさを追求することに費やしてみませんか」と提案しているわけなのです。がんの苦しみや恐怖ばかりにフォーカスするのではなく、希望や可能性にフォーカスして、より高い視点から、より広い視野を持ってご自身の人生を見つめ直せるようにお手伝いします。

自然治癒力を高めて「がんを癒す」ためのお手伝いをします

一般的に、がん患者様に対して「自然治癒力を高めるお手伝いをする」と言うと、「それによってがんを消し去る」というようなニュアンスで伝わるかと思いますが、そうではありません。
自然治癒力を高めてがんを消し去る=がんと闘うのではなく、それを高めることで、ご自身と一緒に「がんを癒してあげませんか」と提案しているのです。なぜなら、がんもあなたの一部だからです。
がんを「怖い」「恐ろしい」という既成の見方で捉えるか、あるいはそれとは別の見方で捉えるかで、その方のその後の人生は大きく変化するものと思います。
当クリニックでは、がんに対する様々な捉え方を患者様と一緒に考えて、その方なりの「がんの癒し方」を見出していきます。

ヘルスコンサルティングで「がんになりにくい生き方」を提案します

当クリニックでは、がんにかかった患者様に緩和ケアなどのサポートを提供するだけでなく、ヘルスコンサルティングにより、がんにかかっていない方へ「がんになりにくい生き方」を提案させて頂きます。「アミノインデックスがんスクリーニング検査(AICS)」「Total WellNES System(量子電磁力学を応用したボディフィールド分析システム)」「有機酸検査」「重金属検査」「腸内細菌検査」などの検査をもとに、お一人おひとりのお体の状態を詳しく確認した上で、「食事療法」「生活習慣の指導「瞑想法」「氣功法」「腸内環境改善」「栄養補充療法(健康食品/サプリメントの利用)」「エネルギー療法(Total WellNES System)」などを提供して、心身ともに健康で豊かな人生の実現をお手伝いします。

クリニックの内装・デザイン

病院やクリニックというのは、清潔さを重視するあまりに無機質で冷たい印象がありますが、そうしたイメージを払しょくして、お越しになるすべての方に「癒し」を感じて頂けるように、内装・デザインに工夫を凝らしています。当クリニックの内装・デザインは、医療施設専門のインテリアコーディネーターである水口真理子さんにお願いしており、待合室のスペースを広くとり、間接照明を使って落ち着いた色合いを演出しています。こちらであれば、待ち時間をゆったりと快適にお過ごし頂けるかと思います。また、廊下には自然の造形を活かした庭坪を配置して、「癒しの空間」を実現しています。
このように当クリニックでは、ドクター・スタッフのサポートの内容やおもてなしはもちろんのこと、クリニックの空間演出でも「来るだけで癒される場所」の実現を目指しています。

心と体をリラックスさせてもらうために「瞑想室」を設けています

当クリニックでは、お越しになった方に心と体をリラックスさせてもらうために、「瞑想室」を設けています。
瞑想は、心と体をリラックスさせ、ご自身を「プラス」でも「マイナス」でもない「ゼロ」の状態に戻してくれます。ゆっくりとお話をおうかがいしたいがん患者様とのカウンセリングに使用することもあれば、ご家族など、大人数でいらっしゃった方々の待合室として使用することもあります。
また、お体の調子が優れなくて、待合室で待つことが辛い時などには、こちらで横になってお待ち頂くこともできます。

受診対象

次のような症状・お悩みをお抱えの方は、一度当クリニックへご相談ください。

  • 抗がん剤や放射線治療などのがん治療を受けていて、強い副作用でお困りの方
  • 治療方法の選択でお悩みの方
  • 現在受けている治療以外にも、何か方法がないか知りたい方
  • 安心して治療が受けられる病院をお探しの方
  • 病気のこと以外の悩みも聞いてほしい方
  • 常にがんのことばかり考えてしまう方
  • がんにかかって以来、生きる意味が見出せない方
  • がんになりにくい生き方を実践したいとお考えの方

クリニック概要

クリニック名 奥野クリニック
院長 奥野 芳茂(おくの・よししげ)
住所 〒657-0038
兵庫県神戸市灘区深田町4丁目1番39メイン六甲Aビル6階
連絡先 TEL:078-862-1963
FAX:078-862-1966
診療科目(保険適用) 内科一般、がん内科、緩和ケア内科、放射線科
診療内容 がんの予防(保険外・自費診療)、抗がん治療支援、がん診療連携、緩和ケア、放射線治療の相談、がんの相談(保険外・自費診療)、セカンドオピニオン(保険外・自費診療)、がんのカウンセリング(保険外・自費診療)、ヘルスコンサルティング(保険外・自費診療)

アクセス

JR神戸線「六甲道駅」より徒歩1分
※駅構内から直接「メイン六甲ビル」へお入り頂けます。6階に当クリニックがございます

駐車場

当クリニックが入っているビルには駐車場がございませんので、お車でお越しの方は、「ウェルブ六甲2番街」「フォレスタ六甲」など、近隣施設の駐車場をご利用ください。

診療時間

診療時間日・祝
9:30~12:30 芦屋放射線治療クリニックのぞみにて
放射線治療並びにがん相談外来を担当
-
16:30~19:30 - - -
診療時間日・祝
9:30~12:30 -
16:30~19:30 - - -

△・・・芦屋放射線治療クリニックのぞみにて
放射線治療並びにがん相談外来を担当

※平日は午後診療(16:30~19:30)のみとなります。
※土曜は午前診療(9:30~12:30)のみとなります。
※平日の8:30~16:00は、「芦屋放射線治療クリニックのぞみ」にて、放射線治療・がん相談外来を行っております。

休診日

木曜、日曜、祝日

受診の際はあらかじめご予約ください

当クリニックは、予約優先制となっております。初診の方は特に、ゆっくりとお話をおうかがいさせて頂きたいと思いますので、あらかじめお電話などにてご予約をお願い致します。

TEL:078-862-1963 お問い合わせ