アミノインデックス・がん検査

アミノインデックスがんスクリーニング検査(AICS)

アミノインデックスがんスクリーニング検査(AICS)とは

「アミノインデックスがんスクリーニング検査(AICS)」とは、血液中のアミノ酸濃度を測定することで、その方の健康状態やがんのリスクなどを評価する検査です。
血液中のアミノ酸の量は、ほぼ一定になるようにコントロールされていますが、病気にかかると血液中のアミノ酸濃度が変化することがわかっています。
この特性を利用することで、病気特有のアミノ酸のパターンを分析して、がんにかかるリスクを検査します。

アミノインデックスがんスクリーニング検査(AICS)の特徴

「アミノインデックスがんスクリーニング検査(AICS)」では、1回の採血(5ml程度)で、胃がん、肺がん、大腸がん、すい臓がん、前立腺がん(男性)、乳がん(女性)、子宮がん・卵巣がん(女性)などのリスクを検査することができ、早期がんの発見にも効果を発揮します。
がんの検査には「腫瘍マーカー検査」「PET検査」「MRI検査」など複数の検査方法がありますが、いずれの検査方法にもメリット・デメリットがあるため、通常、これらの検査を組み合わせることで検査の精度を高めていくことになります。
しかしAICSではがんリスクの高い臓器を特定することが可能なため、肺がんのリスクが高い方にはCT検査、胃がんのリスクが高い方には胃カメラ検査といったように、各臓器に対する精密検査が行いやすくなります。

アミノインデックスがんスクリーニング検査(AICS)の対象がん・対象年齢など

検査名対象年齢対象がんがん種別の対象年齢
男性5種 25~90歳 胃がん、肺がん、大腸がん、すい臓がん 25~90歳
前立腺がん 40~90歳
女性6種 20~90歳 胃がん、肺がん、大腸がん、すい臓がん、乳がん 25~90歳
子宮がん・卵巣がん 20~80歳

注意事項

アミノインデックスがんスクリーニング検査(AICS)をお考えの方は、次のことにご注意ください。

  • AICSは25~90歳の日本人を対象に行われる検査です
  • がんの種類により対象年齢は異なります
  • 保険適用外の検査です
  • 検査の8時間前から水以外のものは摂らず、午前中に受けられるようにしてください
  • 検査の8時間前からは、アミノ酸のサプリメント、アミノ酸含有スポーツ飲料、アミノ酸製剤、牛乳、ジュースなどもお控えください
  • 妊婦様は検査が受けられません
  • 授乳中の方、治療中の方を含むがん患者様、先天性代謝異常の方、透析患者様などは、検査結果に影響がありますので検査は受けられません

アミノインデックスがんスクリーニング検査(AICS)の検査結果

アミノインデックスがんスクリーニング検査(AICS)の検査結果が出るまでに、通常、2~3週間程度かかります。
検査結果では、各種がんにかかっているリスクを「0.0~10.0」のAICS値で評価します。AICS値が高ければ高いほど、がんにかかっている可能性が高く、その値に応じて「ランクA」「ランクB」「ランクC」の3段階に分類されます。
「ランクA」は通常よりもがんである可能性が「0.3~0.7倍」と低いことを示し、「ランクB」は「1.3~2.1倍」とやや高く、「ランクC」は「4.0~11.6倍」と高いことを示しています。
なお、AICSは採血時のがんのリスクを評価する検査で、その方の一生涯のがんリスクを評価するものではありません。そのため、がんの早期発見にためには定期的に検査を受けることが重要となります。

ヘルスコンサルティング(保険外・自費診療)※2017年春より提供開始予定

がんの早期発見のために、がん検診を受けるよう、各種キャンペーンが行われています。有名人ががんになったと報道されると、がん検診のために多くの方が医療機関に殺到するということが現実に起こっています。このようにがんを心配して、定期的にがん検診を受けることは、基本的には良いことだと思います。しかし、がん検診を受けたからといって、がんになる不安が消えるわけでもなく、毎年がん検診を受けていたのに、発見された時には進行がんだったというケースもあります。こうしたことから当クリニックでは、がんになることを恐れて生きるのではなく、「より健康でより幸せな人生の実現」のためにご自身でできることに取り組まれることを推奨しています。
「がんの予防」という言葉には、「がん」にまつわる恐れや、ネガティブな感情が宿っているのであえて使わないことにしました。量子力学の世界では、観察者の思いが結果に影響を与えます。つまり、自分が発しているものが反射して返ってくるようになっているわけなのです。あなたはまわりに対して、何を発しているのでしょうか?「光」や「希望」を発していますか?それとも、「不安」や「恐怖」を発していますか?「より健康でより幸せな人生の実現」という言葉には「光」と「希望」があり、明るい未来を予感させます。実際の検診や検査データなどをもとに、心身ともに健康で豊かな人生の実現をお手伝いするのが、ヘルスコンサルティングなのです。

Total WellNES System(量子電磁力学を応用したボディフィールド分析システム)

「Total WellNES System」とは、量子電磁力学を応用したボディフィールド分析システムのことで、人間のエネルギーの流れを情報と考え、「ボディフィールド」と呼ばれる多次元的な世界をホログラムとして包括的に捉えてデータ化します。
人間を取り囲むフィールド=場には膨大な情報があり、15秒間のスキャンでそのエネルギー情報を多次元的に読み取ります。

Total WellNES Systemで確認可能な問題
  • 慢性化している肉体的な問題
  • 患者様の体に不具合を引き起こす感情的な問題
  • 慢性的にストレス下にあるエネルギーのブロック箇所
  • お住まいの場所や環境汚染などによるエネルギー的影響
  • エネルギー的な栄養の問題

など

こうした様々な問題を引き起こすエネルギーの状態が、瞬時に映像とグラフで視覚化されますので、それを患者様自身の目でご確認頂くこともできます、この結果をもとに、その方に今必要なサポート・取り組みなどを提案・アドバイスさせて頂きます。

有機酸検査(OAT)

「有機酸検査(OAT)」とは、尿中の有機酸と呼ばれる74項目の代謝物質マーカーを測定することで、カンジダ菌などの腸内の悪性細菌の増殖、細胞内のエネルギー代謝の異常、脳内神経伝達物質の代謝の異常などを確認する検査です。
この検査により、慢性疲労、低血糖症状、アレルギー疾患、抑うつ症状などの原因を探ることが可能となります。検査は、起床時の尿を検体として行われます。
当クリニックでは、検査結果をもとに、細胞内のエネルギー代謝の機能などを評価して、お一人おひとりの体質などに応じた食事療法や生活習慣の指導などを行って、代謝機能の正常化の促進や、各疾患の改善・予防に努めます。

重金属検査

「水銀」「鉛」「カドミウム」「アルミニウム」「ヒ素」「ニッケル」などの有害重金属が、食事や呼吸などにより体内に取り込まれることで、様々な悪影響をおよぼすことがあります。有害重金属がおよぼす悪影響として、「慢性疲労」「頭痛」「「腹痛」「便秘」「消化不良」「低血糖症状」「免疫力低下」「イライラ」」抑うつ症状」などが挙げられます。重金属検査では、これらの悪影響を未然に防いだり、症状を改善させたりするために、「毛髪ミネラル検査」や「尿負荷試験」などを行って、有害重金属の蓄積状態などを確認します。

腸内細菌検査

腸内細菌検査とは、腸内の常在菌やカンジダ菌、善玉菌や悪玉菌の割合などを確認することで、腸内環境を把握する検査です。
腸内環境が乱れていると、便秘や下痢などの排便に支障をきたしたり、にきびなどの肌トラブルを引き起こしたりするだけでなく、慢性疲労、アレルギー疾患、低血糖症状などのほか、大腸がんの原因となることもあります。当クリニックではこうした様々な症状を改善・予防するために、食事療法やサプリメントの処方などを行います。

TEL:078-862-1963 お問い合わせ