抗がん剤治療・放射線治療

抗がん剤治療について

当クリニックでは、抗がん治療は行っておりません。 抗がん剤治療が必要と思われる患者様には、連携病院(神戸市立医療センター中央市民病院、先端医療センター、神戸低侵襲がん医療センター、神戸赤十字病院、神鋼記念病院など)を紹介させて頂きます。また、他の病院で抗がん剤治療を受けられている患者様に対して、紹介元の病院と併診する形で、診察、投薬、処置、精神的ケアなどのサポートを行います。具体的には、症状に応じて内服薬を処方したり、「副作用で食事が食べられない」という方に点滴を行ったり、日常生活の過ごし方や、不安な気持ちに対する対応方法などをアドバイスしています。安心して抗がん剤治療を受けられるように、心身両面からサポートします。

放射線治療について

放射線治療とは、放射線を照射することで、がん細胞を破壊して小さくする治療です。
手術に比べて侵襲性(体におよぼす影響)が低く、緩和ケアにおいても大きな役割を果たします。一方、「治療期間が長い」「腫瘍周辺の正常な組織に放射線障害が発生するリスクがある」といったデメリットもあります。 当クリニックでは、放射線治療が必要と思われる患者様には、その方の状態に応じて適切な放射線治療施設を紹介させて頂きます。
なお、当クリニックの院長は、平日の午前(8:00~16:00)は「芦屋放射線治療クリニックのぞみ」にて放射線治療・がん相談外来を担当しておりますので、そちらで放射線治療を受けて頂くことも可能です。

TEL:078-862-1963 お問い合わせ